新潟で外国人のビザがほしい方はお気軽にご連絡ください

その他のサービス

  • HOME »
  • その他のサービス

ビザの申請には、多くの書類の準備が必要になってきます。

ビザ申請の際に、添付書類の不足や不備があれば、不許可になるか入管から追加書類を求められることになります。

入管から追加書類を求められた場合には提出期限が定められますが、その期限はとても短い期間に設定されていることがほとんどです。

さらに、追加書類が提出されるまでの期間は入管ではビザの審査がストップすることになるため、その分審査結果が届くのが遅くなってしまいます。

また、ビザの種類によっては、ビザの申請前にいくつかの手続きを終わらせておかなければビザが許可されないものもあります。

当事務所では、お客様の負担減と一日も早くビザを含めた各種手続きが終わるように、ビザ申請に関連する様々なサービスを提供しています。ぜひ、ご活用ください。

 

 

サービス内容と料金について

※当事務所の料金表示は全て税別です。

①相談・コンサルティング(2回目以降)

10,000円~

※2回目からは新潟市内も出張費がかかりますのでご了承ください。
出張費の目安・・・新潟市内5,000円前後、中越地区10,000円前後、上越地区15,000円前後

 

②書類チェックサービス

あなたが作成した申請書類・理由書をチェックして、改善点のアドバイスをいたします。

ビザが許可されるためには、特に理由書の出来と添付書類の種類・内容が重要となってきます。

ここがきちんとできていないと、ビザの審査のときに情報不足や誤解により、きちんと申請していれば許可された案件でも不許可となる場合があります。また、追加資料の提出を求められたら、その分審査期間が延びてしまいます。もったいないですよね。

また、一度不許可となってしまうと、再申請をしても許可されるためのハードルが上がります。

入管は担当者にもよりますが、不許可の理由を丁寧には教えてくれませんし、どうすれば許可されるかも細かくは教えてくれません!

このサービスは、「全てを頼むには予算が足りないけど、許可の可能性を少しでも上げたい」という方向けのサービスです。

認定・変更  一律30,000円(1回あたり約2時間)

更新・就労資格証明  一律10,000円(1回あたり約1時間)

※あくまでも申請書類の完成度をあげるためのサービスです。許可を保証するものではありません。
※不許可の場合でも、返金や再申請のサービスはありません。
※1案件あたり1回のみのサービスです。

 

③翻訳・通訳手配サービス

外国で作成された書類を入管へ提出するときには、英語以外は翻訳文を付けて提出する必要があります。

翻訳がおかしいと入管に誤解を与えるもとになるので、翻訳は専門家に頼みましょう!

当事務所では、専門の翻訳業者に依頼して翻訳をしたものを、私が再度内容や数字をチェックしています。

ちなみに、国や公的機関が作成した公文書でも誤字・脱字などはたまにあります。特に生年月日や氏名のスペル間違いが多いです。

例えば、出生証明書に記載されている生年月日とパスポートに記載されている生年月日が違っていれば、その証明書は別人のものとされたり、偽造が疑われたりするため、不許可の原因となります。私は何度かそんな公文書を見てきました。

余談ですが、日本でも相続手続きをしているときに戸籍謄本の生年月日間違いや氏名間違い、本籍地の間違いなどを何度か見かけたことがあります。日本の書類だからといって、安心はできませんよ!

書類不備による不許可をさけるためにも、翻訳内容と数字のダブルチェック体制により、完成度の高い翻訳文を提供しています。

また、日本語が得意でない方や言葉の行き違いを防ぐために、プロの通訳を手配することも可能です。

私は外国語を話すことができませんので、通訳の手配を希望される方は事前にご相談ください。

翻訳料金 5,000円~(A4サイズ1枚あたり、文章量や内容によって料金が異なります)

通訳料金 5,000円~(1時間あたり、通訳者の技量により料金が異なります)

 

 

 

初回相談無料!お気軽にお問い合わせください。 TEL 025-378-0884 平日:9:00~17:30

PAGETOP
Copyright © 行政書士マコサポートオフィス All Rights Reserved.