特定技能始まりますよ~

4月1日より、新しい在留資格「特定技能」の運用が開始されます。

この在留資格の主な特徴をざっくり説明しますと、

①単純労働のための在留資格である
14業種に限定されていますが、今まで技能実習生が担ってきたような、現場でのいわゆる「単純労働」で働くことを許可された在留資格となります。現状、日本国内では現場での仕事をする人材がとても不足しているため、多くの企業がこの新しい在留資格に期待しています。

②基本的に最長5年までしか働けない
建設業、造船・舶用工業を除いて、特定技能(1号)の在留資格では、在留期間の更新をくり返しても通算で最長5年までしか日本で働くことができません。なので、特定技能の在留資格で働く外国人材に、難しい仕事を任せるのは難しそうですね。
※建設業、造船・舶用工業については、一定の条件を満たすことで、他の在留資格と同様に更新期間の制限がない「特定技能2号」への移行ができるようになります。この分野については長期の人材育成が可能となりそうです。

③転職ができる
原則職場の変更ができなかった技能実習生とは違い、特定技能で働く外国人については、同一職種に限り転職が認められています。より高い賃金を求めて都市部に人材が集中したり、転職をくり返す外国人が増えそうですよね・・・。
けど短期間で転職を繰り返すと、入管の心証が悪くなるかもしれないので、在留資格を更新する際ときには審査が不利になる可能性がありますよ。

④技能実習ルートと試験ルートがある
特定技能の在留資格を許可されるためには、
・特定の職種の技能実習2号を良好に修了する(試験は不要)
・一定水準の日本語と職業能力を試験によって証明する(いずれも試験合格が必要)
当面は技能実習ルートが主体となりそうですが、技能実習2号が終わった後に技能実習生を引き留めようと思ったら、転職防止のために待遇面を改善する必要がでてきそうです。
試験ルートのための試験については、日本国内と一部の外国とで開催予定みたいですが、まだ国も試験実施機関もバタバタしているようで、4月から試験開催できそうなところはほんの一部のようです。

長くなったので今日はここまで。

※できるだけわかりやすく説明するために、かなりざっくり書いています。
細かい説明はかなり省いているので、参考にする場合は自己責任でお願いします。